手汗クリームって効果あるの?持続性は?

手汗が気になる方には手袋やボトックス注射、手術などの方法もありますが、手汗クリームがあるのはご存知でしょうか。手汗クリームの持続性や効果はどれくらいなのでしょうか?ご紹介していきます。

 

手汗クリーム,効果,持続性

 

手汗に効果的な手汗用クリーム

 

手汗用クリームには様々な種類のものがありますが、手汗が気になった時にさっと濡れるタイプのものや塗り心地がさらさらしたタイプのクリームが人気となっています。また、使い続けたいものですので、リーズナブルな価格のものがいいでしょう。汗を止めるタイプのものでは、一日1回の使用で良いものもありますし、手を洗ったときなどに塗りなおすタイプのクリームもあります。クリームの中に殺菌作用のある匂いを防止するクリームなどもありますので、用途に合わせて自分に合ったクリームを使うと効果があるでしょう。

 

手汗が気になるシーンで簡単に濡れてさらっと仕上がるクリームであれば、紙を触っても、手をつないでも問題なく使うことができます。手汗用のクリームは市販ではなかなか販売されておらず、インターネットの通販などで購入できます。価格は3980円から1万円以上する高級品もあります。お試し価格で、効果があるかを確かめてから使用できるクリームもありますので、一度試してから購入を決めるのもいいでしょう。

 

 

コンパクトなサイズですぐに使える

手汗クリーム,効果,持続性
手汗用クリームはコンパクトなサイズになっており、必要な時にすぐに取り出して使うことができます。職業柄手を使う仕事である場合や、誰かと握手をする場合にも重宝するクリームです。何度塗りなおしても大丈夫ですので、気になるときに取り出してさっと塗るといいでしょう。手汗は気になった時に、朝昼晩、手を洗ったときなどに使用するといいでしょう。パソコンを使っているのであれば、べたついてきたなと感じたときに、塗ることをお勧めします。

 

クリームのデザインは、普通のハンドクリームとも変わりませんので、エチケットとして持っていても手汗用だと感づかれることもありませんので、安心して使うことができます。学校などにもっていく場合には制汗剤タイプだと断られることもある様子ですが、ハンドクリームタイプであれば大丈夫だったという口コミも見かけました。衛生面でも感情的な面でも、手汗は心配なものですので、手汗クリームで対処してサラサラの手で握手できるといいでしょう。

 

 

ボトックス注射などより経済的

 

手汗を止める方法にボトックス注射や手術などもありますが、手汗クリームを使うと日ごろのケアで手汗のケアができるので、副作用などの心配が要りません。注射や手術などの場合は、効果はあるのですが、痛みを伴い、高価な治療を定期的に行う必要も出てきます。手汗クリームの場合には、すぐに対応できますので、そこまでひどくないという場合には手汗クリームで対応するのもいいでしょう。あまりに大粒の水滴がつくようであれば、お医者さんに相談してみるのもいいでしょう。

 

 

まとめ

手汗クリーム,効果,持続性
手汗用クリームの効果があるのかについてご紹介していきました。手軽にハンドクリームを塗る感覚で使用できるクリームタイプが人気です。効果の持続性は朝昼晩、手洗い後と定期的に使うとより効果的です。実験結果においては、72時間雑菌がわかなかったという結果も出ています。手汗クリームを塗った後に、手がべたべたしてきたな。と感じたら塗りなおすのもいいでしょう。いくつか種類がありますので、お試しなどを利用して、自分に合った手汗クリームを見つけましょう。肌荒れの心配などはあまり報告されていませんが、成分によっては肌に合わない場合もありますので、合わない場合には使用は中止しましょう。最初に1本試して、効果を確かめるのをお勧めします。

 

トップページ