冬でも手汗が出るのはなぜ?

冬でも手にじっとりと汗をかく場合にはどんなことが原因になるのでしょうか。ご紹介していきます。

 

冬,手汗,理由

 

 

 

気温の差により脳が錯覚を起こす。

 

冬は外気と屋内の激しい気温の差が原因になることがあります。気温の差によって脳が錯覚を起こして、手汗が増える場合が多いです。汗をかくと手が冷えて、脳がさらに混乱するという悪循環に陥る場合もあります。このことにより、自律神経の乱れにつながって、睡眠や血圧にも影響をおよぼします。汗をかくことで、体が緊張状態になっていると判断し、さらに緊張状態につながる場合もあります。手汗を書いたときにはなるべく早く、吹いて体温の差を最小限度に抑える必要があります。外気と室内の温度差を最小限に抑えるには、着る服の枚数を調節し、仕事先や外出先では、コートは気温に合わせて厚目と薄目に使い分けるなどの工夫を行うといいでしょう。

 

 

冬は基礎代謝が活発になる

 

冬の場合には、寒い気温により体を温めるように、体の内部から熱を作り体が冷えすぎないように保つ仕組みがあります。夏に比べると冬の方がカロリーを使っているということが分かっています。秋や冬に食欲が増してくるのは、このエネルギーの消費量も関係しています。ですので、ちょっと厚着をしただけでも、体内の熱が上がることにより、手汗をかいてしまうという場合もあります。室内でも冬場に暑いなと感じたら、こまめに服装を調節して、手汗を抑える必要があります。厚くなったら上着は脱いでおきましょう。

 

 

気圧の影響も大きい

 

気圧の変化も手汗には関係があります。お天気などによって体調が変化する人は多いですが、手汗も気圧の変化により変わってきます。女性の場合は特に気圧の変化を受けやすく、気圧が低くなると体調を崩す人もいます。冬は気圧が高くなることが多く、気圧が高くなると交感神経の働きが活発になります、

 

交感神経は汗の分泌に左右するので、気圧が高くなることで汗をかきやすくなります。交感神経が活発に働いているときには、無理に動かずに、できるだけリラックスした状態で休むことが必要になります。平日はあまり休めないという場合には、休日に少し休むだけでも、体内のリズムが整えられますので、だいぶ体が楽になるでしょう。睡眠不足も交感神経の働きを偏らせる可能性があるので、しっかりと睡眠をとることも必要です。簡単なストレッチを行うことや、心を落ち着けてから、休むと眠りの質が向上しますのでいいでしょう。

 

 

 

手汗は気にしないことも重要

 

汗をかくと焦ってしまいさらに汗をかくという悪循環にもなりがちですので、汗を書いたら気にしないというのもいいでしょう。汗はきちんと拭く必要がありますが、汗をかいても、しまった!とかどうしよう!とかあまり考えないようにして、汗に対応するといいでしょう。休息は十分にとって、汗に対応できるといいでしょう。室内外の温度差で汗が出た場合にはその都度タオルやハンカチで拭くといいでしょう。冬でも制汗剤を使っても構いません。冬に汗をかくと風邪をひく危険性もありますので、きちんと拭いて汗を残さないようにしましょう。

 

 

まとめ

冬,手汗,理由
冬にも汗をかく原因についてご紹介していきました。冬は外と中の寒暖の差などで汗をかきやすいです。汗をかくと体が緊張状態と判断して、さらに汗をかくことにもつながりますので、汗はよく拭いておくといいでしょう。
睡眠不足には十分気を付けて、緊張状態を緩和させるようにリラックスタイムを取りましょう。気温や気圧の変化には十分に注意して、手汗をコントロールできるといいでしょう。何かに一生懸命になると緊張して手に汗をかくことがあります。

 

トップページ